はじめてのエイズ検査。
病院

発症までの流れ

エイズという言葉を耳にしたことがある人は多いものです。また、エイズは昔、死に至る病気でしたが今では治すことも出来る病気になっており、早期発見が鍵となるためエイズ検査は受けることが重要です。

» 詳細はこちら

医者

予防と治療

エイズ検査では、エイズを発症する前に使用することで早く気づくことができ、重症化を防ぐことが出来るものといえます。エイズを発症すると、重い感染症を引き起こす可能性が高いものです。

» 詳細はこちら

検査

キットを使用する

エイズ検査を簡単に行うことが出来るキットを使用する場合、インターネットから利用することが出来ます。また、初めて利用する人は失敗することもあるので初めての人向けのキットを利用することが望ましいといえます。

» 詳細はこちら

安心利用が出来る

日本は先進各国で唯一エイズ感染者が増加している国です。エイズ検査は気軽に行えるので、感染拡大を防ぎましょう。

診察室

HIVウイルスに感染してしまうと一ヶ月以内に風邪のような症状が発症するものです。
発熱や下痢、喉の痛みなど風邪と似た症状のため風邪だと勘違いをし、そのまま過ごしてしまう人は多いといえます。
また、数週間ほどで症状も無くなってしまうためHIVウイルスに感染したとは思わないものでしょう。
しかし、HIVウイルスに感染すると自然治癒は難しいため早い段階で治療を行う必要があります。

HIVウイルス感染に早めに気づくためには、エイズ検査を受ける必要があります。
特に若い女性など性交渉を行なってHIVウイルスに感染する人も多く、周囲の目を気にして病院に行くことが困難だといえます。
その場合、エイズ検査を行うことが出来るキットをインターネットから申し込むことが可能となっています。
エイズ検査キットは、採血器具も届くのでそれを使用して採血し、返送して結果を待つだけとなります。
そのため、病院にエイズ検査をしに行く時間が無い人でも気軽にエイズ検査を行うことが出来るといえるでしょう。

エイズ検査キットは、インターネットの専用フォームや電話から簡単に申し込みすることが出来ます。
また、平日の早い時間であればその日にエイズ検査キットが届くのでその日に検査をして返送し、翌日に検査結果を知ることが可能となっています。
早めに気づくことでエイズの進行を防ぐことができ、治すことが出来ると考えられます。
HIVウイルスに感染してすぐに気づくことが出来ると良いのですが、それを逃してしまうと無症候性キャリア期に入ってしまいます。
何も症状が出ないので気づくことは困難ですが、エイズ検査キットは周囲の目を気にする心配もないので試してみることが大事といえます。