予防と治療

医者

HIVウイルスは、免疫力を低下させてしまうため様々な病気を発症しやすくなってしまうものです。
そのため、エイズを発症すると重い病気を併発しやすくなってしまい、肺炎や脳炎などの病気も招いてしまいます。
また、エイズに感染した場合の治療法としては抗HIV治療薬を用いて治療を行いますが、すぐに完治するものではありません。
今の段階ではHIVウイルスを完全に消す特効薬が無いため常に抗HIV治療薬を服用しなくてはいけないのです。
保険が適応されていた場合でも、毎日服用を続ける薬となるため治療費は多大なものだといえるでしょう。
その他にも、たった一回の服用を忘れてしまうことで治療が失敗に繋がるケースも出てくるものです。
このようなことにならないためにも、早めにHIVウイルス感染に気づくことが大変重要なものだといえるでしょう。

HIVウイルス感染に早めに気づくためにも、エイズ検査は必ず受ける必要があります。
エイズ検査は、全国の病院で受けることが出来ますがインターネットや電話からエイズ検査キットを申し込むことが出来ます。
インターネットのエイズ検査キットでは、病院と同様にしっかりと検査を行い、陽性反応が出た場合も確認検査が行われます。
また、検査結果に関しては様々な方法で選択することが出来るため自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。
例えば、インターネットから確認する方法や電話、郵送確認などがあるので家族に知られたくない場合は郵送以外の方法で選択することが出来ます。
電話確認の場合、申し込み番号やパスワードを伝えないと検査結果を知ることが出来ないので予め注意しましょう。